オリジナル断熱パネル工法

HOME > オリジナル断熱パネル工法

オリジナル断熱パネル工法

外断熱パネル+屋根パネル パネル化で、建物性能が大幅に向上

外断熱パネル+屋根パネル
屋根断熱パネル
断熱材と屋根の下地となる野地板を一体成型しました。
熱帯夜の寝苦しさを軽減し、耐震強度を向上させるだけでなく、
屋根裏空間も利用しやすくなります。

外断熱パネル
断熱材と耐震補強面材を一体成型しました。
耐震性と省エネ性能、耐久性に寄与します。

「モノコック構造」で耐震性が向上

「モノコック構造」で耐震性が向上
一般的な「軸組工法」の場合、地震などの力は、柱と梁などの接合されている「点」に集中してします。屋根パネル、壁パネルを採用した「モノコック構造」の建物は、力が面全体に分散するため、高い強度を発揮します。

「モノコック構造」で変形を抑える

「モノコック構造」で変形を抑える
一般的な「軸組工法」は、変形しながら地震の力を粘り強く受け止めます。
屋根パネル、壁パネルを採用した「モノコック構造」は、外から力が加わっても応力が面全体に分散され、変形しにくく、建物のねじれや変形を抑えます。

省エネ性と耐久性が向上

外断熱パネルと一般的な工法のサーモグラフィ画像
一般的な建物では壁に温度ムラが発生しているのに対して、外断熱パネルを利用した建物は、温度が一定に保たれています。
これは、一般的な建物と、外断熱パネルを使った建物の「断熱方法」の違いによるもの。一般的な建物は、柱と柱の間に断熱材を詰めこむ「内断熱工法」ですが、外断熱パネルを利用した建物は、柱の外側から断熱する「外断熱工法」となります。
熱が逃げにくい、均一な断熱が可能となる「外断熱工法」は、快適な省エネ住宅となるだけでなく、壁の中で結露が発生する「壁体内結露」が発生しないため、構造体が傷みにくく、建物そのものの耐久性が向上するという2つのメリットがあります。

外断熱工法の常識を覆す

外断熱工法
一般的な外断熱工法は、耐力面材と断熱材をそれぞれ現場で加工し、建物の外側に貼付しています。
それと比較し、外断熱壁パネルは耐力面材と断熱材が一体化されたパネルをプレカットし、断熱材側から独自に開発した二重頭釘で固定する外断熱用の壁パネルです。

一般的な外断熱工法と比較し 性能と精度が大幅UP

外断熱工法
現場で建てこむだけの簡単作業で、上棟日に仮留まで施工可能です。現場での断熱材加工もな
く面倒な端材処理も殆どなくなります。
工期短縮や現場美化に寄与するだけでなく、熟練工の施工を必要とすることなく、均一な外断熱工事が実現します。

耐力壁大臣認定3.0倍取得

独自に開発した二重頭釘で外断熱壁パネルを固定
断熱材側から独自に開発した二重頭釘で外断熱壁パネルを固定することにより、3.0倍の耐力壁としてカウントできます。

【耐力壁の大臣認定取得】
FRM−0199

屋根断熱で広がる空間利用

屋根パネル
「屋根パネル」は、「屋根断熱」を可能にする技術。
一般的な建物が天井裏で断熱しているのに対して、「屋根断熱」とは、屋根で断熱する方法。
屋根裏空間が断熱区画の内側になるため、屋根裏空間をさまざまに利用することができます。

屋根裏に特大の収納空間を

屋根裏の空間を利用して、固定階段で昇れる大収納空間が作れます!
まるで3階建てのようなゆとりを手に入れてみませんか?
固定階段で昇れる大収納空間 屋根裏の空間を利用

勾配天井の開放感

屋根で断熱するから、空間を縦に伸ばすことができます。
勾配天井で、とびっきりの開放感を手にいれませんか?
勾配天井の開放感 勾配天井の開放感

秘密基地のような趣味のスペースに

屋根裏のスペースは、さまざまに利用が可能。
お子さまのおもちゃや、ご主人のコレクションを並べてみませんか?
屋根裏のスペース 屋根裏のスペース

熱帯夜でもグッスリ快眠

屋根で断熱するから、屋根裏に熱気がこもらない!
屋根で断熱するから、屋根裏に熱気がこもらない!
熱帯夜も寝苦しさを感じにくく、エアコンも効きやすくなります。

新築・リフォーム・増改 家のことなら何でもご相談ください!TEL:050-3493-3456 営業時間:8:00〜18:00(日・祝休み)耐震も万全の家造りをご提案いたします。